読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

syncのにっきver3.0

syncが思うことを色々と。

羽田空港→仙台空港

スポンサードリンク

機内はほぼ満席

羽田発仙台行きのANA臨時便。B737-800でしたが、ほぼ満席でした。
プレミアムクラスは販売されていなかったが、実際の席には座っている人が。
一般席として解放されていたのかも。

津波の爪痕がかなり激しい

仙台空港へのアプローチは、いつもそうだが海側から。
上空から見ると不自然になぎ倒された防潮林が見える。すべて津波の爪痕。
着陸後、タキシング中、周囲は津波で破壊されて滑走路にあったが、空港再開のために除去された壊れた車の山。
元々は空港駐車場に止めてあった物であろうか。
仙台アプローチの機内では窓の外を見ている人が多かったです。

観光バスで仮到着ロビーへ

仙台空港は本来、ボーディングブリッジがありますが、
ターミナルビルはまるまる津波の影響で使えない状態にあります。
タラップで地上に降りてから、普通の観光バスがランプバスの代わりになって、それに乗って仮到着ロビーまで。

到着ロビーの一部が仮ターミナルの全部

https://www.ana.co.jp/topics/notice_sendai/sdj_map.html
国内線到着ロビーに仕切りを作って、半分は到着ロビー、半分は出発ロビーになっています。
上記のANAのサイトの左側に仮設トイレとありますが、実際はそこがJALの受付カウンターです。
空港全体が現在でも停電が続いており、自家発電装置による運用を行っているとのことです。
でも、ロビーでは営業再開したレンタカー屋の送迎や、「牛タン弁当いかがですかぁ」と宣伝している売店のが活気があって、元気をいただきました。

写真


中の建物が従来のターミナルビル。津波で壊滅的な被害が出ています。

仮設ターミナル入り口。

仙台空港アクセス鉄道の駅。復旧の見通しは立っていません。

スポンサードリンク