読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

syncのにっきver3.0

syncが思うことを色々と。

震災から2年

スポンサードリンク

2011.3.11 14:46に何をしていたのか?

ブロマガで「2011.3.11に何をしていたのか?」というお題で記事を募集していたので、
ブロマガに記載した記事をコチラにも記載します。

2011.3.11 14:46に僕はアパートの部屋で昼寝をしていました。
職場とアパートは自転車で2分。ちょうど仕事が遅い昼休みだったので、昼食後のうたた寝をむさぼっていたのです。

部屋には緊急地震速報・高度利用者向けの無線LANアクセスポイント兼ルータがあり、
ルータが緊急地震速報を伝えました。

「30秒後に震度3の地震が来ます」

部屋には落ちてくるような荷物も無いので、ただ横になっていました。
程なくすると部屋が揺れ出しました。
いつものようにiPhoneを取り出し、Twitterで「じしん」とつぶやいてました。

ところが、緊急地震速報の値とは異なり、部屋は震度3位の揺れからさらに強い揺れになりました。体感で震度5弱ぐらいでしょうか。

しかし、相変わらずTwitterで「でかいぞ」「ぎゃあああああああああ」
と地震実況をしていました。

揺れがようやく収まると、部屋に備え付けてある、緊急警報放送対応のパナソニックのラジオが、
「ピロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ」と緊急警報放送が。

慌ててテレビを付けると、
大津波警報発令。予想津波の高さは3m以上」
と。警報エリアは太平洋側一帯。

これを見た瞬間に、
奥尻島を襲った大津波が東日本一帯に来る」
と思って、絶望感に苛まれると共に、

Twitterには「海側の皆さん逃げてええええええええええええええ」
とつぶやいてました。

そこで昼休みは終了の時間に近づき、自転車で職場に戻りましたが、
多くの人が外に出ていました。

職場では仕事しながらテレビを見続けましたが、その後の経緯は
ご存じの通りで・・・。余震におびえながら午後の仕事をしていました。

改めて亡くなられた方に哀悼の意を表します。

スポンサードリンク