読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

syncのにっきver3.0

syncが思うことを色々と。

後輩だろうと思う増田の人へ

スポンサードリンク

スキルは磨けないし、強靱な精神を持っているかどうかで判断を

僕の新入社員の時と全く同じ状況でかつ同じ事を思っている人を増田で発見。
新卒で入社して一年

うちの職場は、なんというか、生ぬるい。
もちろん仕事がないかといえばそういう訳でもなく、
毎日20時21時まで残業するのが当たり前。
でもそれほど切羽詰っているわけでもないから、
定時に帰っても特に問題ないし、皆ちょこちょこと有給で休みを取る。

まぁ、syncも大手SIerでコードは全く書かない仕事だったから同じ感覚を入社当時は持っていた。
組織統合まではそれなりのパフォーマンスを上げていたし、2年目にはデスマでもなく、普通に忙しくなって年収600万も貰っていた。

が、組織改編で管理職だらけの逆三角形の組織になり、そこでデスマプロジェクトに巻き込まれて、メンヘラーになったのは前述の通り。
メンヘラーになってからは、病気を理由に成果主義の成果は出ていないことにされて、年収は下がる一方だった。

退職直前に至っては新入社員と同額まで下げられる恐れもあった。

この増田氏に言いたいのは、いつまでもぬるま湯のような環境が続く訳ではない。
そして、上流工程なのでプロジェクト管理とか請負社員とかの管理とか管理系の業務が多いだろう。
電機メーカだと特許ノルマとかも科せられるかもしれない。
オープンソース系とかの仕事は出来ないが、大手ならではの経験を今の内に積んでおくのがいいだろう。

そして、組織改編とか、明らかなデスマとか、危険を君を襲うときが来る。
その時にそれを乗り切れられるか、その時には自分の精神がその過酷な環境に耐えられるかどうか否かを、出来るだけ早い段階で決断し、
耐えられないと判断したら、さっさと転職することをオススメする。

syncが転職に踏み切れなかった2003年頃とは違い、今では更に転職に対するハードルは下がっている。
20代なら転職市場が急激に悪化しない限りでは大手でも採用の可能性はある。

そうでないと、syncのようにメンヘラー生活を何年も続けて、給料も下がり、コードを書いた経験は無いのに年齢だけ30代というIT業界では
市場価値の無いような人間に陥ってしまいかねない。

「ゆで蛙」という言葉がある。
google:ゆで蛙

ぬるま湯につかっているといつのまにか蛙はゆだって死んでしまうという意味だが、ゆで蛙にならないように、

  • 世間と市場はどのような状態か日経や経済雑誌で随時把握する
  • 自分の労働市場での価値がいくらくらいか客観的に把握する
  • 精神を患うリスクのあるような環境の変化の察知(例:急激な組織改編による混乱)

を忘れないで欲しい。

syncのように市場価値の無くなったITエンジニアにならないことを切に祈る。

ちなみに

当時は貯金はあったが、メンヘル休職期間の生活費で全て消えましたorz

スポンサードリンク